1. 過ごした日々を味わいに。Plain-nume

ずっとお届けしたかったものが、ついに形になりました。
土屋鞄で初めて、真白い紙のように
“素のまま”の革を用いた新シリーズ「プレーンヌメ」。
最も自然に近い、ナチュラルな仕上げの革を使ったコレクションです。

  • 真っ白な紙に絵を描いたり、
    色を染め付けたりするように。
    愛用の時間を、自分らしい味わいとして重ねていく。

    そんな十人十色の
    エイジング(経年変化)の魅力を、皆さまのもとへ。

自然な魅力と品にこだわった、“素のまま”のヌメ革。

ご愛用の時間とともに、自分だけのエイジングを楽しんでいただきたい。そのために行き着いた特別なヌメ革が「プレーンヌメレザー」です。ベルギーの有名タンナーが植物の渋だけでじっくり鞣すこの革は、表面加工も染色も施していない、まさに真白い紙のように “素のまま”の革。そのため、革の自然な風合いと表情をそのまま見られるのが特徴です。

「プレーンヌメレザー」は厳選された北欧産の上質な原皮を使用しているので、ナチュラルな雰囲気でありながら、他にはない気品のある革に仕上がっています。そのような革ですので、自然で豊かなエイジングを楽しめ、自分らしい味わいに熟していくのが大きな魅力。「プレーンヌメ」シリーズではこの革を、大きな一枚革を中心として贅沢に使用しました。

十人十色のエイジングを、楽しむ。

素のままに仕上げた「プレーンヌメレザー」には、日々愛用した時間と使い方の個性が、そのまま刻まれていきます。何もせず自然な変化を重ねていっていただいても、ケアをしながら理想の味わいを目指していただいてもOK。真白い紙のように、十人十色に染まっていくこの革を、自分らしい使い方で、自分だけの味わいに育ててみてださい。

あなたらしい使い方で
世界に一つの、あなたらしい味わいを。

使う人の個性によって
一つひとつ違うものになっていくから、
手にするたび自然に笑みがこぼれ、
比べるたび、話が弾みます。

そんな楽しく豊かな時間を、
心ゆくまでお楽しみください。

土屋鞄

「プレーンヌメ」シリーズは、2019年10月5日(土)より、全国の実店舗のみでの販売となっております。また、2019年9月27日(金)オープンの新店舗「日本橋店」では、数量限定で、ひと足早く先行発売いたします。

9月17日(火)には、エイジング特集コンテンツ「プレーンヌメ 楽しみ方研究会(前編)」をお送りします。土屋鞄の革好きスタッフ3人が、それぞれのやり方で「プレーンヌメ」アイテムの変化を楽しむ模様を取材。果たして、その方法とは……?


おすすめのコンテンツを集めました

  • 革のメンテナンス 01. 基本のオイルケア

    【革のメンテナンス 01. 基本のオイルケア】

    革アイテムを、気持ち良く、より長くお使いいただくために。基本メンテナンスをご紹介します。

  • 革とくらす  Vol.2 革の“味”

    【革とくらす Vol.2 革の“味”】

    革の“味”は、日頃から革製品に親しみを持つ方や、無類の革好きにはたまらないもの。今回は、その魅力や楽しみをのぞきます。

TOP
Share