新卒採用2018

土屋鞄の未来を担う
スタッフを募集します。
使う人の傍で、ともに歳を重ねられる鞄を仕立てること。
世界に誇れる「日本製」をたくさんの人にお伝えすること。
ひとつひとつを人の手で、確かな製品をお届けし続けるために、
土屋鞄のこれからを、一緒につくっていきませんか。

土屋鞄製造所について

ひとの手のあたたかさの中で、うまれて、生きる鞄を。
1965年、小さな町工場が点々とする東京の下町で、
土屋鞄のランドセルづくりは始まりました。

つくりに丈夫さを、佇まいに品格を。
その思いは、大人の鞄をつくる上でも変わりません。

単なる道具ではなく、
使う人の傍らで一緒に歳を重ね、“生きる鞄”となるために。
ものづくりの先にある、持ち主の毎日に心を寄せながら、
ひとつひとつを丁寧に、ひとの手で。

最初は11坪ほどだった小さな工房も、
少しずつ新しい仲間を迎え、お客さまと接する店舗も増えました。
職人たちが培ってきた技術を次の世代へ。
そして、メイドインジャパンの品質を世界へ。

これからも、使ってくださる方にとって、
かけがえのない存在になれるような鞄をつくり続けます。

土屋鞄製造所の事業

ランドセル

ランドセル
土屋鞄の原点とも言えるランドセルは、丈夫さと美しさが一番の要。子どもたちの6年間に毎日そっと寄り添えるよう、職人がひとつひとつ丁寧に仕立てています。また、ランドセル選びは子どもたちにとって一生に一度の経験。ご家族皆様にとっても温かな記憶になるよう、お手伝いします。
土屋鞄のランドセル サイトへ

革鞄 革小物

革鞄・革小物
「丈夫で品のある落ち着いたものをつくりたい」というランドセル作りへの想いは、大人が持つ革製品にも生きています。良質な革素材を使い、しだいに持ち主の身体になじむように。単なる道具として機能するだけではなく、使う方にとって欠かせない存在になるような革製品を目指します。
土屋鞄製造所 サイトへ

働くひと

土屋鞄で働くスタッフに、仕事への思いや日々感じることを聞きました。

職人 伊澤 次郎 入社13年目

職人伊澤 次郎 入社14年目
「どうやったら効率よく作業ができるか、そういうことは昔から意識していました。同じやり方でずっとやるだけではなく、もっと良くしたいという気持ちをもって変えていくことが、職人として必要な要素だと思います」

店舗スタッフ 関口 由季子 入社8年目

店舗スタッフ関口 由季子 入社9年目
「製品を長く使っていただくということは、土屋鞄と長くお付き合いしていただくということ。選ぶそのときのことだけでなく、お客さまが使うところを想像して、お話や提案をします」

2018年度の採用受付は終了しました。

たくさんのご応募、ありがとうございました。