1. スタッフ愛用品 ニッティング メッシュカードケース
名刺入れ
名刺入れ メイン画像

入社してすぐは名刺交換の機会も多いので、初めに持とうと思ったのが名刺入れだったんです。数ある中でも、かっちりし過ぎないのに、上品さがあるつくりのこの名刺入れが気に入りました。触ってみると革がすごく柔らかいんですよね。名刺交換の時には、このメッシュレザーが目に留まるようで、そこから話のきっかけになったり、褒めていただけることが多い。第一印象って重要なので、この名刺入れが一役買ってくれています。

あとは、収納力も理想的ですね。50枚の名刺が入るということなんですが、それを疑うほど何も入れていないときはスリムです。でも実際入れてみるとマチが広がり、収まってくれる。使う名刺の量によって厚さを変えられるのは使ってみていいなと思っているところです。

先日、この編み方について、職人さんからお話を聞く機会がありました。1枚の大きい革に切れ込みを入れていき、そこへベルト状の革を通してメッシュレザーができるという。意表を突かれましたね。なんとなくベルト状の革同士で編んでいるような気がしてたので…。それも全て手作業で行うわけですから大変な時間と手間が掛かっているものなんだと。そんな話を聞くとより愛着もわいて、使う側も自信を持って使えますね。

名刺入れ

名刺入れ

ニッティング メッシュカードケース


スタッフ愛用図鑑
名刺交換の時の、注目度が高く話のきっかけにもなってます

入社してすぐは名刺交換の機会も多いので、初めに持とうと思ったのが名刺入れだったんです。数ある中でも、かっちりし過ぎないのに、上品さがあるつくりのこの名刺入れが気に入りました。触ってみると革がすごく柔らかいんですよね。


名刺交換の時には、このメッシュレザーが目に留まるようで、そこから話のきっかけになったり、褒めていただけることが多い。第一印象って重要なので、この名刺入れが一役買ってくれています。


ニッティング メッシュカードケース

あとは、収納力も理想的ですね。50枚の名刺が入るということなんですが、それを疑うほど何も入れていないときはスリムです。でも実際入れてみるとマチが広がり、収まってくれる。使う名刺の量によって厚さを変えられるのは使ってみていいなと思っているところです。


ニッティング メッシュカードケース

先日、この編み方について、職人さんからお話を聞く機会がありました。1枚の大きい革に切れ込みを入れていき、そこへベルト状の革を通してメッシュレザーができるという。意表を突かれましたね。なんとなくベルト状の革同士で編んでいるような気がしてたので…。それも全て手作業で行うわけですから大変な時間と手間が掛かっているものなんだと。


そんな話を聞くとより愛着もわいて、使う側も自信を持って使えますね。



ニッティング メッシュカードケース
TOP