1. 革の大敵・水や汚れから守る。防水ケア。
革

革は天然素材のため、長く使うほどにダメージを受けてしまいます。しかし、手入れをするとそれに応えてくれるように、きれいな状態を保つことができます。ひとによって使い方はさまざまですが、革製品を気持ちよく長くお使いいただくために、覚えておいてほしい手入れの方法をご紹介します。

革の大敵・水や汚れから守る。防水ケア。


革に雨や水がついてしまうとシミや水ぶくれ、色落ちなどを引き起こしてしまうことも。防水スプレーを事前にかけておくことで、防ぐことができます。また汚れ防止にもなるため、はじめて革製品をご使用になる前に、まず防水ケアを行うことをおすすめします。防水・防油性のある革を使用しているプロ―タシリーズは、防水ケアの必要はありません。

  • 革

    1 屋外で噴霧
    革製品を乾拭きやブラシがけをして、ほこりを落とします。縫い目部分も念入りに。その後、屋外で革製品から30cmほど距離をとり、水平方向に動かしながら全体に噴霧。スプレーの出だしが革製品にかからないようにしておくと、一点に集中的にかかってしまうのを防げます。

  • 防水スプレー

    2 乾燥
    全体がしっとりと濡れる程度にかかったら、20〜30分かけて乾かします。完全に乾いたら、柔らかい布で軽く乾拭きしてなじませてください。

  • 防水スプレー

    3 テスト
    目立たない箇所でテストし、革の上で水が球状になれば大丈夫です。



革

<ポイント>
乾かす時間を考えて時間に余裕を持つこと。外出の直前に鞄にスプレーすると乾かず、効果を発揮できません。また、防水効果はしだいに落ちるため、定期的にお使いいただくと安心です。(毎日ご使用になる鞄の場合、梅雨時期は週に1回程度が目安)はじめてケアする際は、目立たない部分で試してからご使用ください。





革製品のメンテナンスに関して不明な点がございましたら、こちらのお問い合わせフォームまたは、お近くの実店舗までお気軽にお問い合わせください。
TOP