1. 雪解けを待つロウの革 フロスチア 19Xmas Limited

革の豊かな表情に、白い雪や霜のようなロウを纏った
「Froschia(フロスチア)」。
聖夜の静謐な空気感を漂わせる3つのレザーアイテムは、
今年のクリスマスを彩る限定コレクションです。

素材の「スノーフォールバケッタレザー」は、愛用するうち、
まるで雪が解けていくように、ロウがしっとりとなじんで、
豊かなエイジングを楽しめる特別な革。

今回は、そんな「Froschia」の楽しみ方をご紹介します。

革の表情を楽しむ


革素材には天然の証とも言える、さまざまな表情が散りばめられています。元の動物が持っていたシワだったり、傷だったり。それらを味わいとして楽しめるのが、革素材の魅力の1つです。

「Froschia」は、そんな自然な表情が豊かに刻まれたアイテム。一つひとつ異なる、個性あふれる表情を見つけて、楽しんでみませんか。

ちょっとワイルドな「トラ」

皮膚の伸び縮みが激しい肩の部分から採った革によく見られる、ごく一般的なもの。線状の模様や長い筋が、虎の模様に似ていることが名前の由来。表情を豊かにする自然の刻印として親しまれています。

革独特の「シボ」

革をしぼませたような、細かくて立体的なシワ模様のこと。この革では、空打ち(回転ドラムの中に革を入れて、細かなシワをつける加工)の際に形成されることがあり、不規則な模様が独特の表情を生み出します。

プレーンでマットな表情

中には、まっさらでプレーンな優しい表情のものも。きめ細やかで張りがあり、色とロウの濃淡もたっぷりと楽しめます。



ロウを楽しむ


表面を覆う白い雪や霜のようなものは「ホワイトワックス」と呼ばれるロウ。「Froschia」のアイテムには、そのロウを落とすための小さなブラシが付いています。

革の表情の変化(エイジング)をいち早く楽しみたい方は、使い始める前にブラシを使って、ロウをしっかりと落とすのがおすすめ。使い込んでいくうち、トラやシボが革肌になじんで、柔らかなつやが出てくるでしょう。色合いも深まって、味わい深い表情に変化していきます。

ロウが革に自然となじんでいく様子をじっくりと味わいたい方は、ブラシは使わず、そのまま使い始めてみると良いでしょう。手にするたび、ロウがちょっとずつ落ちたり、なじんだり。やがて春を迎えるように雪解けの時が来て、気が付けば、じんわりと色つやが増しているはず・・・。

▲ AGING
画像上:ロウを残したまま使ったもの(使用歴約4ヶ月)
まだロウの雪化粧が柔らかに残っています。

画像下:ロウを落として使ったもの(使用歴約4ヶ月)
ロウはなじんで、しっとりした風合いに。





一つひとつ異なる、個性豊かな表情。ロウを落としたり、なじませたり、時間をかけて変化を味わう楽しみ。「Froschia」は、そんな遊び心までたっぷりと詰め込んだレザーコレクションです。

世界に一つ、あなただけの表情になるまで、ゆっくりじっくり愛用してみませんか。




どうぞ実店舗で実物をお手に取ってご覧ください。



おすすめのコンテンツを集めました

  • 冬の風物詩から切り取った、2つの限定色。

    【冬の風物詩から切り取った、2つの限定色。】

    クリスマス限定色「ミッドナイトグリーン」「アッシュブラウン」をご紹介。特別なアイテムを取り入れて、心浮き立つ日々を過ごしませんか。

  • クリスマス特別ラッピング

    【クリスマス特別ラッピング】

    クリスマスギフトに革の香りを添えて。 一年に一度だけの特別なラッピングは、限定ヌメ革オーナメント付きでお包みいたします。 無料でご利用いただけますので、ぜひこの機会にお役立てくださいね。

限定アイテムや特別コンテンツなど、盛りだくさん。

TOP
Share