1. 「レザーキャンバス」で夏を楽しむ


気の向くまま、ゆったり、ふらり。
大人の夏を心地良く、上品に楽しみたい休みの日。
軽快で涼し気なスタイルの「レザーキャンバス」を連れて、
気になっていた場所に、出掛けてみませんか。


ある夏の、休みの日。
窓から外を見ると、青空がのぞいていた。
小さく息を吸い込んで、後ろを振り返る。

「ねえ、外の空気を浴びに行かない?」

思いつきで妻を誘うと、微笑みで答えが返ってきた。



「久しぶりに、あの海に行きたいな」
そんな妻のリクエストを聞きながら、出掛ける準備。

いつもの持ち物を、互いの相棒に詰めて。
+αを持って行くのは、少し大きめな僕の鞄の仕事。

普段より足を伸ばしてドライブを楽しみながら、懐かしい海へ。
白い雲を挟んで、視界いっぱいに広がる二つの青。
気まぐれに吹き抜けていく風が、潮の香りを運んでくる。


潮の音に誘われて、波打ち際をぶらりと散歩。
寄せては返すリズムが、二人の歩みをゆったりさせて。


海岸近くの公園で、ひと休み。
たわいないおしゃべりも、場所が変わるとなんだか新鮮。

「そろそろ、帰ろうか」「もう、そんな時間?」
荷物をしまって、口をきゅっと締めるのが出発の合図。







次の休みは、どこに行こうか。
妻と、この鞄たちと一緒に。




関連アイテム

【限定製作】レザーキャンバス・セーラーバッグ

【限定製作】レザーキャンバス・セーラーバッグ

【限定製作】レザーキャンバス・巾着バッグ

【限定製作】レザーキャンバス・巾着バッグ

※「レザーキャンバス・巾着バッグ」は、オンラインストアでは完売いたしました。
店舗の在庫は各店へお問い合わせください。


併せて読みたいコンテンツ

この夏だけの限定製作。革の編みひもで颯爽と携える、革×キャンバスの軽涼なワンショルダーバッグ。
ベースのキャンバス生地を製造する、倉敷の帆布工場。すでに廃番となった機械が現役で活躍する製造現場を訪問しました。
TOP
Share