1. 次に持つなら、「ネイビー」のビジネスバッグ
次に持つなら、「ネイビー」のビジネスバッグ

次に持つなら、「ネイビー」のビジネスバッグ

カジュアル化が進む、最近のビジネスシーン。ジャケットスタイルを取り入れるオフィスも増えて、コーディネートの幅が広くなってきました。

そんな流れの中で、装いのアクセントであるビジネスバッグの色使いにも変化が。定番カラーの黒にプラスして他の色も揃え、さりげなく違いを出したい・・・というビジネスパーソンが増えているのです。そこで注目を集めているのが、ネイビーのバッグ。ここでは、その魅力とコーディネート例をご案内します。

都会的な雰囲気を演出する、洗練された印象の色

スーツではスタンダードな色である紺は、男性に風格を与える色。引き締まって落ち着いた色味で周りの色を引き立てつつ、知的で洗練された印象を醸し出します。そのためネイビーのビジネスバッグは、手堅いイメージの黒に比べ、よりシックで都会的な雰囲気を演出することが可能。定番である黒と使い分ければ、コーディネートの戦略の幅を広げてくれます。

プロータ 防水スタンダードブリーフ

紺やグレーの品格に、洗練されたニュアンスを加える

ビジネスの基本スタイルである紺やグレーのスーツに、洗練されたニュアンスを加えるのがネイビーのビジネスバッグ。格調のある紺のスーツと合わせれば、統一感が出てエレガントな印象に。グレースーツであれば、ネイビーの革が上品な印象を引き立て、よりスタイリッシュに見せます。堅実さや実直さを演出するなら黒ですが、センスを感じさせるならネイビーがお薦めです。

プロータ防水ジッパーソフトブリーフ

ネイビーの上品さが、カジュアルダウンの引き締め役に

オフィスのカジュアル化で、ビジネスシーンでも急速に広がってきているジャケットスタイル。そのカジュアルダウンした印象を、ネイビーバッグの上品さが引き締めてくれます。例えば、ベージュやオフホワイトなど明るい色を取り入れたコーディネートでも、ネイビーの鞄を持てばほど良く落ち着いた印象に。上品でも堅さのない色なので、あか抜けて見えるのがネイビーのビジネスバッグなのです。




例えるならば、黒のビジネスバッグがクラシックでネイビーはジャズ。
ビジネスにおけるコーディネートの幅を広げたいと思われたら、
洗練された印象のネイビーバッグから始めてみてはいかがでしょうか。






土屋鞄の「ネイビー」
ビジネスバッグはこちら


併せて読みたいコンテンツ

ユーティリティ性の高い、防水レザーの仕事鞄。
心が上向く仕事のベーシックアイテム集めました。
TOP
Share