1. 魅せる、仕事鞄 No.1
エッジをぐるりと巻き込む太いパイピング、2段重ねの立体的なハンドルの取り付け、鮮明に浮き出た生成りのステッチ・・・この鞄は全てがくっきりとして「彫り」深い。また光の当たり方で、革のシボ模様が描く細やかな陰影が変わり、鞄に豊かな表情を加えていきます。
シンプルなデザインを引き締めるアクセントとして、際立った存在感を示すハンドル。芯材を封入して盛り上げた根革を台座の革に乗せ、実質3層構造の立体的な仕立てに。それぞれの革は厚みがあるためコバがくっきりと浮き立ち、彫りの深さを確かに印象付けています。
革のずっしりとした重厚感と、細部にまで目が行き届いた繊細さ。この2つの印象が、コーナー部分に同居。他よりも幅広のパイピングが太い糸でがっちり巻き付けられ、角には緩衝材を内蔵したふくよかなパッドを。 床に置いたときの安定感により、一段と存在感が強まります。



TOP
Share