1. はかなくて美しい、小さな光
はかなくて美しい、小さな光 はかなくて美しい、小さな光
  はかなくて美しい、小さな光  

日本ならではの、夏の情緒を感じる「 線香花火 」。

暑いさなかだからこそ、
しっとりと繊細な“光”を、無性に眺めたくなるときがあります。

蝉時雨が落ち着いた夏の夜に、日本生まれの、ちょっと特別な線香花火を味わいました。

長く伸びた夏草が生い茂る、
近所の土手。

川からの、ゆるやかな風を肌に感じて、
足取りは、どんどん軽くなる。

日が沈んだら、始めようか。






さあ、火をともして。


なんだろう。
手づくりの線香花火の光は、妙に繊細で、

光の移ろいも、くっきりと鮮やかだ。





ジリッ、ジリッ、ジリッ。
ジリッ、ジリッ、ジリッ。



シュー、ぽとん。



はかなくて美しい、小さな光を味わうひとときは、
夏という季節からの贈りもの。

花火職人を訪ねたコンテンツは、こちらです。


こちらの「夏の味わい方」も、
いかがですか

TOP
Share