1. レザートートと働く、 快適なビジネスデイズ。
  • ビジネストート
  • ビジネストート
  • ビジネストート




クールビズの普及やオフィスのカジュアル化など、スタイルの多様化が進んでいるビジネスシーン。その中で、荷物をざくざく入れられる気軽な使いやすさから、トートバッグを使用する方が増えています。カジュアルな印象ではありますが、一定の条件を押さえれば、優れた相棒として活躍してくれるのが「ビジネストート」です。

こちらでは「トーンオイルヌメ デイリートート」と過ごすオンの一日を、「ビジネストート」のポイントと共にご案内します。




今日は午後から、取引先との打ち合わせが2件。ノートPCに資料のファイル、手帳と筆記具、充電器などのガジェット類……どうしても多くなりがちな荷物を、このトートならすっきり一つにまとめられる。

ビジネスに必要な収納力

ビジネスシーンで使用するトートにおいて、A4ファイルが入るサイズは必須条件。「デイリートート」では内装にA4サイズの大きなポケットがあり、書類や資料を分けられるので便利です。

また、正方形に近いスクエアフォルムなので、横長のトートほど幅を取らないのが使いやすいポイント。電車内で座ったときも膝上にほぼ収まる、ほど良いサイズ感です。




まずは最初の打ち合わせへ。荷物が多くても、肩掛けで重さはそこまで感じない。シックなこげ茶は、スーツやジャケットにも合わせやすいのが気に入っている。

スーツスタイルに溶け込むデザイン

ビジネスでトートを使用する場合、スーツやジャケットとの素材感の相性は重要。「デイリートート」では、「オイルヌメ革」の落ち着いた風合いが醸し出す上質感が、ビジネススタイルにも自然にフィットします。また、正面に配置された2本のベルトは縦のラインを強調し、全体の印象を引き締めてくれます。

また持ち手は、スーツやジャケットの上からもしっかりと肩掛けでき、手持ちしても長過ぎない、バランスの良い長さ。持ち手のフラットな形状は、肩に食い込みにくく、移動時の負担を軽減します。




待ち合わせの喫茶店で、取引先との打ち合わせを予定通り開始。口が広く開けられるから、必要なものをさっと取り出せる。足元に置いても、ビジネスをさりげなくサポートしてくれるのが頼もしい。

安心感を高める、機能的な配慮

「デイリートート」は、口をしっかり閉じられるファスナートップ仕様。外出時に中身が見えないので、大切な書類を持ち歩くときにも安心です。ファスナーを開放すれば取り出し口が広くなり、ノートPCやファイルなど、サイズの大きいものをスムーズに出し入れできます。

また、鞄を床に直置きする場合に備え、底鋲が付いていることもポイント。ビジネスで使う場合にはぜひ欲しい機能です。



機能面はもちろん、スタイル的にもビジネスシーンと相性の良い「デイリートート」。メインで使うのはもちろん、用途やスケジュールに合わせて使い分けるのも良いでしょう。

ビジネストートで仕事鞄の選択肢を広げ、自分なりのビジネススタイルを楽しんでみてはいかがでしょうか。



ビジネスバッグに新たな選択肢を。

オンもオフも活躍。
「トーンオイルヌメ デイリートート」



ビジネスに使えるトートバッグはこちら

水牛革でスタイリッシュに。
「アルマス バッファロービジネストート」
頼りになるB4サイズの収納力。
「ビークル ラージストックトート」

合わせて読みたいコンテンツ

ユーティリティ性の高い、防水レザーの仕事鞄。
朝、気持ちをオンに。心が上向く仕事のベーシック。


衣装協力 / メーカーズシャツ鎌倉
(ジャケット、シャツ、ネクタイ、スラックス)

TOP
Share