1. 革のメンテナンス 02. 水や汚れから守る、防水ケア

革のメンテナンス 02.

水や汚れから守る、防水ケア

革に雨や水がつくと、シミや水ぶくれ、
色落ちなどを引き起こす場合が・・・。
これは防水スプレーをかけることで、防ぐことができます。
また、防水ケアは汚れ防止にもなるため
初めて革製品をご使用になる前に行うことをおすすめします。
きれいを保つワンアクション、どうぞ試してみてください。

用意するもの

・防水スプレー
・布(乾拭き用)

※布はファスナーなどに引っかかる可能性があるため、パイル地は避けます。綿など天然素材で、革に傷を付けにくい柔らかいものがおすすめです。

お手入れのタイミング

防水スプレーをかけるタイミングは、目的に合わせて変えると良いでしょう。

例えば革の経年変化を楽しみたい場合。防水スプレーのコーティングにより、どうしても経年変化はしづらくなります。ですので、天気予報を聞いて「明日は午後から雨が降るかも」という時だけ使うことをおすすめします。

お手入れの方法


1.表面のほこりや汚れを乾拭きする


柔らかくきれいな布で乾拭きをして、表面全体のほこりなどの汚れを落とします。汚れの溜まりやすい縫い目部分も念入りに行いましょう。


2.屋外で防水スプレーをかける

屋外に出て、鞄全体にスプレーをかけます。均等に液が付着するように、鞄から30cmほど離して使うことが、上手に防水スプレーをかけるコツ。濡れたように色が変わりますが、乾いたら元に戻るのでご安心を。

初めての防水ケアなら、目立たない部分で試してから防水スプレーをご使用されることをおすすめします。

<ポイント>
乾かす時間を考えて、時間に余裕を持ちましょう。外出の直前にスプレーすると乾かず、効果を十分に発揮できません。また防水効果は次第に落ちるため、定期的にお使いいただくと安心です(毎日ご使用になる鞄の場合、梅雨時期は週に1回程度が目安)。


3.乾かす

防水スプレーをなじませるため、30分ほど時間を置きます。表面が乾いたら、柔らかくきれいな布で軽く拭いてください。見えにくいところに1、2滴、水を付け、テストして水を弾くようなら大丈夫です。

防水性の持続期間は、防水スプレーの種類によって異なります。土屋鞄で取り扱っているコロニル防水スプレーウォーターストップは1週間程度です。これ以外をご使用の方は、ご確認をお願いします。

また、防水スプレーをしていても濡れた場合は、なるべく早くタオルやハンカチなどで拭きましょう。




大切な革製品を長くきれいに保つために。シュッとひと吹きが、その一歩につながります。


革のアイテムを長く使っていただくために、
併せて読みたいメンテナンスの読みものはこちら。


土屋鞄でお取り扱いしている
メンテナンス用品はこちら。

TOP
Share