1. 大人の休日は、 “手ぶら” で軽快に
<font size="+3">大人の休日は、“手ぶら” で軽快に</font>

大人の休日は、“手ぶら” で軽快に

あたたかくなってアクティブな気分になると、手ぶらで軽快に出かけたいのが男心です。でも薄着になると、不便なのが小物の持ち歩き。財布にスマートフォン、キーケースにパスケース……たったこれだけの手荷物を、すっきりと持ち歩く方法はないでしょうか。

そこでおすすめしたいのが、革のミニショルダーやボディーバッグです。すっきりと斜め掛けできるので、両手がフリーになって実に快適。必要な分だけに容量を絞ったコンパクトなサイズは邪魔にならず、軽快に動き回れます。しかも上質なレザー素材だから、ラフな手ぶらスタイルでも上品な大人の雰囲気に。そんな革の手ぶらバッグで、大人の休日を軽快かつ上品に楽しみませんか。


“革の手ぶらバッグ”が活躍する、
3つのシーン

ちょっとそこまで、の気軽な外出に。


街歩きや近所の公園への散歩など、“ちょっとそこまで”の外出には、革の手ぶらバッグがぴったり。たとえば「トーンオイルヌメ ジップトップショルダー」なら、必要な小物に加えて文庫本や折り畳み傘なども収納可能です。コンパクトな四角い形は、前に掛けて持っても邪魔にならず自然な印象。「オイルヌメ革」のナチュラルな上質感で、美術館や博物館などの知的な場にもさりげなくフィットしてくれます。


気まぐれに立ち寄ったカフェで、ひと休み。コンパクトなサイズは場所をとらず、アンティックな風合いの革が落ち着いた雰囲気の店内に自然に融け込みます。

バイクや自転車に乗るときの
「相棒」に。


背中にしっかりフィットしてくれるボディバッグタイプは、バイクや自転車に好相性。左右にぶらぶらしないので、快適に街乗りを楽しめます。さらに「アルマス バッファローボディーバッグ」なら、ワイルドな水牛革と力強いイタリア製ヌメ革のコンビが背中のアクセントに。ハンドルを握る後姿で、大人の男らしさを演出します。


荷物を取り出したい時もいちいち背中から降ろす必要がなく、ぐるっと簡単に前に回せるので、実にスムーズ。まさに“外付けポケット”感覚で使えます。

子どもと出かける時の
「パパバッグ」に。


フットワークが大事な子どもとのお出かけは、両手が自由になっていると何かと安心。その点、革の手ぶらバッグなら、手をつないだり抱っこしたりするのも楽です。またリュックと違ってさっと前掛けにできるので、突然おんぶをせがまれても慌てることがありません。


「プロータ 防水ソフトポケットショルダー」は防水レザー製なので、泥が跳ねたり、汚れた手で触られたり、飲み物をこぼされたりしても安心。水拭きすればきれいになるので、水場の近くでも心置きなく子どもと遊べます。




両手の解放と軽やかなフットワークは、男の自由になくてはならない条件。
革のミニショルダー&ボディーバッグなら、その両方を品良くかなえることができます。
皆さんも“革の手ぶらバッグ”で、休日を気持ち良く満喫しませんか。




大人の休日を楽しむ
“手ぶら”バッグは、こちらから。

トーンオイルヌメ
ジップトップショルダー

“ほど良い”サイズの四角い形。味わいのあるエイジングも魅力です。

READ MORE

アルマス バッファロー
ボディ―バッグ

水牛革とイタリア製ヌメ革のコンビ使いで、ボディーバッグを大人の雰囲気に。

READ MORE

プロータ
防水ソフトポケットショルダー

水や汚れに強い防水レザーで気軽に。革らしい上質感も楽しめます。

READ MORE

トーンオイルヌメ
ボディーポシェット

READ MORE

トーンオイルヌメ
ショルダー

READ MORE

プロータ 防水ソフト
2wayポシェット

READ MORE

カメラ散歩バッグ


READ MORE


その他ボディバッグ・ショルダーバッグ
特集はこちら


いっぱい入る四角いかたち。

BAG & MY STYLE
「アルマス バッファローボディーバッグ」篇


雨にも負けないコンパクトな魅力

TOP
Share