1. YOUR PORTRAIT / GIFT EPISODE 03

それぞれの心の中にいる、大切な「あの人」。
贈り物にまつわるエピソードを通じて、その人の姿が見えてきます。

03.一緒に重ねていく時間

戸田宏一郎 / CC INC.

クリエイティブディレクターとして
数々の広告を手がけてきた戸田宏一郎さん。
既存のデザインの枠組みに収まらない活動に、
ますます注目が集まっている。
これからのデザインのあり方に独自の挑戦を続ける戸田さんへ、
仕事のこと、家族のことを伺った。


-----------------------------

真っすぐな眼差しで、丁寧に話す人——それが戸田宏一郎さんの第一印象だ。数々の広告デザインを手がけ、国内外のデザイン賞も多数受賞しているのに、偉ぶったところがまったくない。デザインの話をするときはとにかく楽しそうで、その表情はまるで少年のよう。「企業やつくり手が持っている、ものづくりの原点、思想、ビジョンが、製品に表れることが大事なのではないかと思うんです。たとえば土屋鞄さんは、ブランドの名前よりもまず先に、手に持ったとき、これを自分のものにしたいという気持ちに自然となる。そういう世界観ができていると感じるんですよね。ぼくが愛用しているトートバッグも、ウィンドウに飾られている姿に一目惚れして買ったものです。ちゃんといいものをつくって、それに共感する人とコミットしていければ、ものは動いていくと、ぼくは信じています。そういう手助けがしたくて、ものづくりとコンサルティングの会社を始めたんです」。広告という最終的なアウトプットだけをつくるのではなく、つくり手が持っている言葉にならない想いを、細やかにすくいあげる。そうすることで、より深くクライアントに寄り添うことができるはずだと戸田さんは考える。「デザインには、背後にあるストーリーや伝えたいメッセージを、“モノ”や“コト”に付与する力があると感じています。広告のデザインはその一つの手段です。でも、広告を形にするのは一番最後でいい。そのもっと手前にあるもの、会社としてのビジョンやアイデンティティのほうが大事なのではないでしょうか。そこで確固たるものを築けるかどうか。ものづくりの核となる部分にデザインはコミットできるし、もっとしていくべきだとも思っています」。

戸田さんが仕事と同じように大切にしているのが「家族と一緒に過ごす時間」。忙しい毎日を送るなか、今年、小学校4年生になった双子の息子さんたちと過ごす時間を少しでも増やすために、仕事のスタイルを朝型に切り換えたという。「自宅で少し仕事をして、子どもたちが起きてくると一緒に朝食をとって、朝の時間を過ごしてから家を出ています。家庭のことを可能な限り楽しみたいと思っているんです」。特別なイベントも欠かさないようにしている戸田さん。息子さんたちが5歳の頃から年に一度は旅を通してモノを考える機会を持つようにしている。

「妻の長期出張のタイミングで、息子たちとぼくとで特別な時間を企画します。ぼくは戸田家男子チームの研鑽旅行と言ってるんですけどね。最近では広島の宮島に行ってきました。ここにある厳島神社は海の中に鳥居を建てたことで、結果的に多くの人の心を動かしている。あの鳥居はデザインの面でいえば、すごいアイデアだと思います。信仰を新しい形で表現することで、人々を惹きつけるものを実現したのではないでしょうか。そういうものを子どもたちに実際に見せて、同じ目線で勉強したいと思っているんです。ぼくが興味のあることを、子どもたちと共有するような感覚でしょうか。とくに子どもたちの素直な反応からは、そんな見方もあるのかと、多くのことを教えられるんですよね。それが楽しくてしかたなくて」。家族との時間について語る戸田さんの表情は、デザインについて話すときと同じくらい、生き生きと輝いて見える。

「普段あまりプレゼントはしない」というが、忙しい日々にあっても自分の大切な人たちと過ごす時間を大事にするのは、贈り物以上の想いがあるからではないだろうか。そうした心のあり方もまた、ひとつの贈り物。きっと、あの真っすぐな眼差しには、いつでも大切な人たちの肖像が映っているに違いない。

-----------------------------

戸田宏一郎 Toda Koichiro
アートディレクター、クリエイティブディレクター。コミュニケーションのアウトプットをイメージしたブランド開発からTVCM、ポスターの広告全般、ロゴマークなどシンプル&ボールドなデザインを得意とする。朝日広告賞、OneShow Design、D&ADなど国内外で受賞多数。(株)電通を経て、2017年1月クリエーティブコンサルティング会社 CC INC.設立。http://cc-inc.jp/

YOUR PORTRAIT / GIFT EPISODE

01.幸せが息づく長財布
02.想いを届ける鞄
TOP
Share