1. 手づくりで伝える「ありがとう」

― レザークラフトキット ツールBOX ―

手づくりで伝える「ありがとう」


家族、友人、大切なパートナー・・・いつもお世話になっている、あの人へ。
伝えきれない感謝の想いを込めて、世界に一つのレザーギフトを贈ってみませんか?

いつもそばで支えてくれる人だからこそ、時間と手をかけた贈り物をしてみたい。
「レザークラフトキット ツールBOX」は、
大切な人を想いながら過ごした時間をかたちにできる、革のクラフトキットです。
あなたなら、どんな贈り方を考えますか?

「ものづくりを楽しむ」を、贈る。

娘から父へ、大切な思い出とともに。

「ものづくりを楽しむ」を、贈る。

離れて暮らす娘から、革のギフトが届いた。
「いつも忙しいお父さん。たまには、昔みたいにものづくりで息抜きしたら?」
箱を開けると、革と道具が整然と一式。久しぶりに、腕が鳴る。


小さい頃から色々な道具に興味を持ち、「つくること」自体が好きだった。
革の匂いの中で、忘れかけていた楽しさに思わず夢中になる。
貼る、打つ、縫う。時々、珈琲休憩を挟みながら、愛おしい時間が過ぎていく。



そういえば、娘がまだ幼い頃、よく一緒に工作をしたっけ。
かわいらしい、小さな手。うまくできなかったときの泣きそうな顔。
手を動かしていたら、そんな昔のことを懐かしく思い出した。

我ながら、上々の出来だ。早速、娘にメールで写真を送った。
「久しぶりに手を動かして、楽しかったよ。ありがとう」
小さいときの娘と今の娘の顔が重なって、微笑んだような気がした。


「ありがとう」を運ぶ、革の小箱

夫から妻へ、感謝の手紙を添えて

「ありがとう」を運ぶ、革の小箱

働きながら家事も育児も頑張ってくれている妻に、
口に出せなかった「いつも、ありがとう」を、手書きの言葉でしたためる。
自分の手で縫い上げたツールBOXの中に、ひそかにしのばせて。


「これ、つくったからあげるよ」
「すごい、私のためにつくってくれたの? ありがとう」
いつも朗らかな妻が、はじけるような笑顔で一段と明るく華やいで見える。

妻の前では照れくさくて言いにくかった、感謝の気持ち。
手紙ならスマートに伝えられると思ったけど・・・
たどたどしくなった不器用な字を、妻は笑いながら読んでいるだろうか。


翌朝。妻はさっそく、ツールBOXにお気に入りのアクセサリーを入れていた。
結婚前に贈ったブローチを持つ指が、心なしか楽しそうに見える。

僕と妻のように同じ時間を永く寄り添いながら、いい味わいになるといいな。


革はブラックとブラウンの2色をご用意
レザークラフトに挑戦したい方へ

「レザークラフトキット」を担当したデザイナーの丸山と職人の阿部。製品化にたどり着くまでのエピソードを聞いてみました。
経験値も手先の器用さも、さまざま。スタッフも「レザークラフトキット」をつくってみました。
「レザークラフトキット」を通じて生まれた親子のつながりをご紹介します。
中級者向けのつくりごたえのある「レザークラフトキット」。お客様をサポートするためのつくり方動画もご用意しています。
TOP
Share