1. 手づくりで伝える「ありがとう」

― レザークラフトキット ツールBOX ―

手づくりで伝える「ありがとう」


家族、友人、大切なパートナー・・・いつもお世話になっている、あの人へ。
伝えきれない感謝の想いを込めて、世界に一つのレザーギフトを贈ってみませんか?

いつもそばで支えてくれる人だからこそ、時間と手をかけた贈り物をしてみたい。
今回2色になって再登場した「レザークラフトキット ツールBOX」は、
大切な人を想いながら過ごした時間をかたちにできる、革のクラフトキットです。
2人で一緒につくっても、きっと思い出深い1日が過ごせるはず。
あなたなら、どんな贈り方を考えますか?

今回は照れ屋な夫から妻へ。いつもはなかなか口に出せない、
「ありがとう」の気持ちを込めたギフトエピソードをお送りします。

「ありがとう」を運ぶ、革の小箱

夫から妻へ、感謝の手紙を添えて

「ありがとう」を運ぶ、革の小箱

働きながら家事も育児も頑張ってくれている妻に、
口に出せなかった「いつも、ありがとう」を、手書きの言葉でしたためる。
自分の手で縫い上げたツールBOXの中に、ひそかにしのばせて。

「これ、つくったからあげるよ」
「すごい、私のためにつくってくれたの? ありがとう」
いつも朗らかな妻が、はじけるような笑顔で一段と明るく華やいで見える。

妻の前では照れくさくて言いにくかった、感謝の気持ち。
手紙ならスマートに伝えられると思ったけど・・・
たどたどしくなった不器用な字を、妻は笑いながら読んでいるだろうか。

翌朝。妻はさっそく、ツールBOXにお気に入りのアクセサリーを入れていた。
結婚前に贈ったブローチを持つ指が、心なしか楽しそうに見える。

僕と妻のように同じ時間を永く寄り添いながら、いい味わいになるといいな。


ブラックとブラウンの2色の革で再登場
レザークラフトに挑戦したい方へ

「レザークラフトキット」を担当したデザイナーの丸山と職人の阿部。製品化にたどり着くまでのエピソードを聞いてみました。
経験値も手先の器用さも、さまざま。スタッフも「レザークラフトキット」をつくってみました。
「レザークラフトキット」を通じて生まれた親子のつながりをご紹介します。
中級者向けのつくりごたえのある「レザークラフトキット」。お客様をサポートするためのつくり方動画もご用意しています。
TOP
Share