1. ものづくりの呼吸を感じる、本店へ。
ものづくりの呼吸を感じる、土屋鞄の本店へ。

ものづくりの呼吸を感じる、土屋鞄の本店へ。

ここ土屋鞄・西新井本店は、ほかの店舗とは少し違う特別な存在です。常に目指しているのは、土屋鞄のすべてを感じていただけるようなお店づくり。製品だけでなく、職人の手仕事を見ることができる工房を併設し、土屋鞄の原点であるランドセルも手にとってご覧いただけます。

この特集では、店内各所に散りばめられたこだわりの中でも、ご来店の際にぜひ見ていただきたい、おすすめポイントをご紹介します。

本店で注目したい3つの見どころ


店舗
店舗

Point.1
肌で感じてほしい、
熱ある工房の空気

まず見ていただきたいのは、やはり工房。職人が真剣な表情でランドセルを製造する様子を見ていただけるスペースがあります。店内まで響く、ミシンや金槌の音。若手とベテランが肩を並べて作業しています。通常、週末の工房はお休みですが、稼動していることも。WEBサイトの本店ページで職人のお休みを事前にお知らせしていますので、ご確認の上ご来店くださいね。

店舗

Point.2
味わいを含んだ、
革張りのレジカウンター

ヌメ革を天板一面に張ったレジカウンター。10年前の本店オープンから、じっくり味わいを深めてきました。定期的にオイルを塗って、メンテナンスも欠かしません。お客さまから鞄のお手入れのご質問を受けた際にも、このヌメ革を使ってご説明しているんですよ。カウンターの下と側面には、オイルヌメ革が張られています。気が付きにくいのですが、ぜひご注目くださいね。

店舗

Point.3
ご家族でゆっくり過ごせる空間を

ご家族連れでもゆっくりと過ごしていただけるよう、キッズスペースにひと工夫。黒板に並べられたのは、ランドセルの余り革で職人が手づくりしたマグネット。子どもたちはいろんな形に並べ替えて楽しそうに遊んでくれています。

他にもあるこだわりポイント


店舗

創業年が隠れています

外装には、焼き物ならではの味わいを感じられる、特注のレンガを使用しています。1965年は土屋鞄の生まれ年。ぜひ探してみてくださいね。

店舗
個性的なステンドグラス
光が差し込むステンドグラスに描かれているのは、なんと鬼の顔。店内の落ち着いた雰囲気に加え、子どもたちも楽しめるような遊び心を取り入れました。
土屋鞄
抜き型を使ったフレーム
レジの後方、フレームをよくご覧ください。何かの部品のように見えませんか。実は、ランドセルのパーツをとる際に使用する、抜き型があしらわれています。


おすすめ、店舗限定カラー


トーンオイルヌメのショルダーとジップトップショルダーには店舗でしか出会えない特別な色があります。品のある華やかな色合いの「オレンジ」と落ち着いた発色の「ダークグリーン」。店舗にお越しの際は、こちらにもご注目ください。

※店舗にご用意がない場合もございますので、お問い合わせの上ご来店ください。

土屋鞄
【店舗限定色】
トーンオイルヌメショルダー
オレンジ&ダークグリーン
西新井
【店舗限定色】
トーンオイルヌメジップトップショルダー
オレンジ&ダークグリーン

土屋鞄

職人の手仕事を、ぜひ一度ご覧ください。

都心から少し離れた場所にある、西新井本店。 お車でも寄りやすく駅からも近いので、ご来店には便利です。ご紹介したポイントを楽しみながら、隅々まで、土屋鞄を堪能してくださいね。ゆっくりとお買い物をしていただける、ゆとりある店内にたくさんの革アイテムを揃えてお待ちしています。

TOP
Share