1. 憧れのパイロットウォッチ
時計

「Sinn 103.B.AUTO クロノグラフ」

STAFF / TAKESHI YAMAZOE
愛用歴21年

冒険心を掻き立てる、
憧れのパイロットウォッチ。


新社会人になって初めてのボーナスで購入した、記念の、そして思い出の腕時計。雑誌で観てずっと憧れていたパイロットクロノグラフで、はじめて腕に巻いた時の感慨は今も忘れられない。

直径41mm・厚さ15.5mmの金属の塊のような大きめのボディは腕に着けるとずしりとくるが、慣れた今ではこの重量感が実に心地いい。革ベルトは何度か替え、今は昔の飛行機乗りをイメージして軍用タイプを装着している。ときおり耳をガラスにつけて、毎秒8ビートのテンプのリズムを聴くのがひそかな愉しみだ。

暮らし
時計

視認性に優れ、暗い所でも見やすい黒文字盤×夜光の数字インデックス。典型的なパイロットウォッチのメカニカルなクールさとタフな男っぽさが気に入っていて、レトロな顔立ちに冒険心を掻き立てられる。ベゼル(ガラス周りの縁)についた傷もいい味を出していると思う。

透明な裏蓋越しに、ゼンマイを巻くローター(振り子)の滑らかな回転や、数百と組み込まれた歯車やレバーの精緻なメカニズムを見られるのも楽しい。これからもオーバーホールをして、大事に使っていきたいと思う。


スタッフ山添が愛用する、革製品はこちら>>


あわせて読みたい、コンテンツ。

時計
土屋鞄スタッフの時間と記憶を共有してきた味のある愛用品。
使うほど自分の「味」がでる。革の愉しさを語る、愛用品。
TOP
Share