1. 土屋鞄と過ごす親子の時間
ショルダーバッグ

ショルダーバッグ

結婚や出産を経てライフスタイルが変化すると、服装や持ちもの選びの基準も変わってきます。自分自身の「好きなもの」にはこだわりつつ、変化にも対応できるアイテムを選んでいきたい。そんな女性たちの声に寄り添えるようなアイテムをご紹介していきます。

女性らしいデザインと軽さが特徴の「シフォン メレンゲショルダー」と一緒に過ごす、山本さん親子の日常を取材させていただきました。

革

山本葉子さん・奏くん(4歳)。
神奈川県逗子市でスペシャルティコーヒーのお店を営む葉子さんと、何にでも興味をもって元気いっぱいの奏くん。
「外出先でもすぐに駆け出していってしまうので、ついていくのが大変! いつでも追いかけられるように、一緒の時は斜めがけで。両手が自由になるのがいいですね」

ショルダーバッグ

――この鞄の第一印象は?
「ころっとしたフォルムが可愛くて、革なのに軽いので驚きました。柔らかいから、ものの出し入れもしやすいです。両脇の外ポケットが大きめでスナップもあるので、すぐに取り出したい携帯なども安心して入れておけます」

革

――普段はどんなものを持ち歩きますか?
「赤ちゃんのころに比べると荷物は少なくなってきたものの、飲み物やタオル、帽子なども入れるので、荷物は多くなりますね。移動時間があれば本を、仕事の時はタブレットも持っていくので、全部入れられるのは助かります」

ショルダーバッグ

子育てや仕事で忙しい毎日だからこそ、ひとりの時間は大切にしているという葉子さん。
「ひとりで出かけるときには、ベルトを短くしてショルダーで。女性らしく、落ち着いた雰囲気が出るのが気に入りました。素材が柔らかく、身体にも馴染んで持ちやすいです」

毎日を忙しく過ごす女性たちにこそ、好みのカラーやデザインで、使っていて心地よいものを。土屋鞄のアイテムが、あなたの日常をより輝かせますように。


革であることを忘れてしまいそうな軽さ。
ふんわり丸いデザインで心まで軽やかに。

ショルダーバッグ

シフォン メレンゲショルダー

TOP
Share