1. 季節を彩る和の色名帳 桜色

日本

日本には、数多くの「色」の名前が存在します。昔の日本人は、過ぎていく季節の風景を、そっと切り取り手元に置くように、色の一つひとつに、丁寧に名前を付けました。見逃してしまいそうな小さな変化に心をとめる、日本の美学。今日はちょっと一息ついて、色の名前を、呼んでみませんか?

色

日本


桜色 ( さくらいろ )

桜色とは・・・桜の花のような、薄い紫みのある紅色のこと。紅染めの中で最も薄いのがこの色です。ほんのりと上気した頬の色を表現したり、女性の「初さ」などの形容によく使われます。日本人にとっては馴染みが深い桜色。毎年桜色は見られるけれど、今年の桜は一度きり。そう思うと、満開の桜の綺麗さに胸がいっぱいになるのと同時に、なんだか切なさも感じます。咲くことと、そして散ることと、そのどちらにも「美」を見いだせる日本人。自然のそのままの姿から何かを見いだす喜びを、知れて良かったと、桜を見るたび思うのです。

※ブラウザ等の環境によって、色の見え方が異なります。

TOP