1. 季節を彩る和の色名帳 藍白

日本

日本には、数多くの「色」の名前が存在します。昔の日本人は、過ぎてゆく季節の風景を、そっと切り取り手元に置くように、色のひとつひとつに、丁寧に名前を付けました。見逃してしまいそうな小さな変化に心をとめる、日本の美学。今日はちょっと一息ついて、色の名前を、呼んでみませんか?

色

日本


藍白 ( あいじろ )

藍白 とは……ほんのりと藍色の入った、白色のこと。藍染の工程の中でも初期の段階の、最も薄い色です。「白」とは言い切れない、けれど「藍色」などとは到底呼べない、ささやかで繊細な色。その微妙な違いすら目に留め名前を付けるところに、日本人の細やかさがうかがえる気がします。写真は新潟県十日町市の、とある早朝。霧自体も美しかったのですが、霧に覆われ輪郭のぼやけた山々の、姿の見えない奥行きの深さに、目を奪われました。曖昧で形容し難いものにこそ美しさを感じてしまうのもまた、日本人ならではかもしれません。

※ブラウザ等の環境によって、色の見え方が異なります。

TOP