1. 季節を彩る和の色名帳 老竹色

日本

日本には、数多くの「色」の名前が存在します。昔の日本人は、過ぎてゆく季節の風景を、そっと切り取り手元に置くように、色のひとつひとつに、丁寧に名前を付けました。見逃してしまいそうな小さな変化に心をとめる、日本の美学。今日はちょっと一息ついて、色の名前を、呼んでみませんか?

色

日本


老竹色 ( おいたけいろ )

老竹色 とは……老いた竹のように少し灰色がかりくすんだ、落ち着いた緑色のこと。ちなみに「老い」という言葉から、かなりの年月を経た竹を想像してしまいますが、例えば数千年もの寿命がある杉などと違い、竹の寿命はたったの十数年ほど。淡く柔らかな色から、あっという間に深い緑に変化する竹。成長するということは、それだけ「死」に近付くことでもあります。伸び行く竹の一瞬の儚さから、「無常」なるものの美しさを、感じずにはいられません。

※ブラウザ等の環境によって、色の見え方が異なります。

TOP