1. 季節を彩る和の色名帳 紅

日本

日本には、数多くの「色」の名前が存在します。昔の日本人は、過ぎてゆく季節の風景を、そっと切り取り手元に置くように、色のひとつひとつに、丁寧に名前を付けました。見逃してしまいそうな小さな変化に心をとめる、日本の美学。今日はちょっと一息ついて、色の名前を、呼んでみませんか?

色

日本


紅 ( くれない )

紅 とは……キク科の紅花の汁で染めた色のこと。赤色よりもピンクがかっているのが特徴です。写真の百日紅(さるすべり)は、百日間咲く紅花という意味から、名前が付いたそう。夏の間中ぱっと目を引く美しい色が、空に踊ります。

※ブラウザ等の環境によって、色の見え方が異なります。

TOP