1. 季節を彩る和の色名帳 金茶色

日本

日本には、数多くの「色」の名前が存在します。昔の日本人は、過ぎてゆく季節の風景を、そっと切り取り手元に置くように、色のひとつひとつに、丁寧に名前を付けました。見逃してしまいそうな小さな変化に心をとめる、日本の美学。今日はちょっと一息ついて、色の名前を、呼んでみませんか?

色

日本


金茶色 ( きんちゃいろ )

金茶色 とは……金色がかった明るい茶色のこと。純粋な金色と違い、落ち着きのある、渋く上品な色味が特徴です。着物をあまり着なくなってしまった現代では馴染みの薄い色ですが、米寿のお祝のちゃんちゃんこには、この色が用いられています。歴史は古く、元禄時代には染められていたのだとか。

※ブラウザ等の環境によって、色の見え方が異なります。

TOP