1. 季節を彩る和の色名帳 紺鼠

日本

日本には、数多くの「色」の名前が存在します。昔の日本人は、過ぎてゆく季節の風景を、そっと切り取り手元に置くように、色のひとつひとつに、丁寧に名前を付けました。見逃してしまいそうな小さな変化に心をとめる、日本の美学。今日はちょっと一息ついて、色の名前を、呼んでみませんか?

色

日本


紺鼠 ( こんねず )

紺鼠 とは……そもそも鼠色とは、現代でいう灰色のことです。火災なども多かった江戸時代、「灰」という言葉が不吉な連想をさせるため、「ねずみいろ」と表現されるようになりました。ちなみに江戸時代、鼠色は流行色となったことも。紺鼠の他にも、素鼠、藍鼠、利休鼠など、数多くの鼠色が存在します。明暗しか存在しない鼠色に、紺色で彩りを加えた紺鼠。ただの鼠色とは違う奥行きのある色は、どこか、情緒の豊かさを感じさせます。

※ブラウザ等の環境によって、色の見え方が異なります。

TOP