1. 季節を彩る和の色名帳 若葉色

日本

日本には、数多くの「色」の名前が存在します。昔の日本人は、過ぎてゆく季節の風景を、そっと切り取り手元に置くように、色のひとつひとつに、丁寧に名前を付けました。見逃してしまいそうな小さな変化に心をとめる、日本の美学。今日はちょっと一息ついて、色の名前を、呼んでみませんか?

色

日本


若葉色 ( わかばいろ )

若葉色 とは……春を過ぎ、初夏の頃に木々が見せる、若葉のような黄緑色のこと。季語は夏。生まれたての柔らかな緑は、ゆるやかに次の季節へと導いてくれる気がします。紅葉したもみじはもちろん素敵ですが、青々と気持ち良さそうに葉を揺らす「青もみじ」もまた、美しいもの。神社の境内や山々で、透き通った若葉たちがつくる静謐な空間に包まれながら、物思いにふけってみるのも、たまにはいいかもしれません。

※ブラウザ等の環境によって、色の見え方が異なります。

TOP