1. File.09 帽子


いろんな「もの」のお手入れ

File.09 帽子

暖かくなって、日差しがまぶしくなるにつれて活躍の場面が増える帽子。お気に入りのものを長く使い続けるためには、こまめなお手入れが大切です。

帽子

●使用後のケア
・まず洋服ブラシで払って、埃を取り除く。また湿気を吸っているので、直射日光の当たらない場所で干し、しっかりと乾かす。
>湿ったまま帽子掛けにかけると型崩れしやすいので注意。なおハットタイプを乾かす場合は、頭頂部を下にして置いた方が型崩れしにくいです。

●定期的なケア
・週に一度ほど、帽子の内側にあるスベリ(額やこめかみに当たる帯部分)を二度拭きして、汚れを取る。
>まずは中性洗剤を薄めたぬるま湯に浸して絞ったタオルで拭き、次に水拭きをして仕上げます。その後、頭頂部を下にして置き、日陰干しで乾かします。

●保管するときは
・型崩れ防止のため、まず厚紙で帽子の高さより深い筒を作り、そこに帽子を逆さにして入れ、柔らかい布や丸めた紙を詰める。さらに埃の付着を防ぐため、箱や通気性の良い袋に入れる。
>保管場所は、直射日光の当たらない通気の良いところ。植物素材のものには乾燥剤を、ウール製のものには防虫剤を一緒に入れておくと安心です。

きちんと手入れされた清潔な帽子をかぶるのは、気持ちの良いもの。暑い季節になっても爽やかに使えるように、今から正しいケア方法を覚えておきましょう。

ワンポイント!

帽子

濡れた帽子をドライヤーで乾かすと型崩れの原因に。自然乾燥させましょう。



前のお手入れへ  次のお手入れへ

TOP