1. スタッフ愛用品 トーンオイルヌメ ソフトルーズショルダー
ショルダーバッグ
ショルダーバッグ メイン画像
ショルダーバッグ

通勤で愛用しているこのショルダーは、何よりその大きさが気に入っています。と言っても、一番気に入っているポイントは「存在感」。オールレザーでこれだけ迫力のあるサイズだと、しっかりとした手応えがあるんです。すると、持った瞬間に「よしっ」という感じになって、自然に仕事モードに入れるんですよね。実用的にも、店舗開発の仕事で書類や資料をよく持ち歩くので、A4ファイルが楽に収まるこのサイズは使いやすさが抜群。出張とかでも、1泊くらいでしたら悩まずにこれで行っちゃいますね。

もう一つ、この大きさがいいのは、たくさんの荷物を詰め込んでも、「ゆったり」して見えることですね。鞄が荷物でパツパツになるのに抵抗があるんですけど、このショルダーならよほど詰め込まないと上の方までいっぱいにならないので、いつも余裕のある感じがするんですよ。しかも正面の革がとても大きいので、クッタリ感がとてもいいですね。だから最近はあえて荷物を絞って、よりクタッとさせて持ったりしています。

持ち方は、斜め掛けだけです。それも、肩ベルトをかなり短くして、ボディーバッグみたいにフィットさせるのが定番のスタイルですね。私は身長185cmと大きめなので、長くして持つと、人ごみとかではちょっと動きにくいときがあるんです。だからフットワークを重視して、フィットさせる持ち方にしています。確かにサイズは大きいですが、革が柔らかく馴染んでくれるから、身体に密着させてもけっこう快適ですよ。

またこれだけ大きいと、革の魅力を存分に感じられるのがいいですね。例えば色々な革の表情を発見できますし、場所によってエイジングの進み方が異なるので、ブラウンから飴色への変化の違いも楽しめるんですよ。しかも外も中も革使いがとにかく贅沢だから、革を持つ満足感が格別です。あと個人的には、持つたびに感じる豊かな香りが最高ですね。昔から革の匂いが大好きなので、この鞄のたっぷりの匂いにいつも癒されています。

ショルダーバッグ

ショルダーバッグ

トーンオイルヌメ ソフトルーズショルダー


スタッフ愛用図鑑
土屋鞄スタッフ 迫力のある存在感が決め手でした。クッタリした表情がたまりません

通勤で愛用しているこのショルダーは、何よりその大きさが気に入っています。と言っても、一番気に入っているポイントは「存在感」。オールレザーでこれだけ迫力のあるサイズだと、しっかりとした手応えがあるんです。すると、持った瞬間に「よしっ」という感じになって、自然に仕事モードに入れるんですよね。実用的にも、店舗開発の仕事で書類や資料をよく持ち歩くので、A4ファイルが楽に収まるこのサイズは使いやすさが抜群。出張とかでも、1泊くらいでしたら悩まずにこれで行っちゃいますね。


もう一つ、この大きさがいいのは、たくさんの荷物を詰め込んでも、「ゆったり」して見えることですね。鞄が荷物でパツパツになるのに抵抗があるんですけど、このショルダーならよほど詰め込まないと上の方までいっぱいにならないので、いつも余裕のある感じがするんですよ。しかも正面の革がとても大きいので、クッタリ感がとてもいいですね。だから最近はあえて荷物を絞って、よりクタッとさせて持ったりしています。



またこれだけ大きいと、革の魅力を存分に感じられるのがいいですね。例えば色々な革の表情を発見できますし、場所によってエイジングの進み方が異なるので、ブラウンから飴色への変化の違いも楽しめるんですよ。しかも外も中も革使いがとにかく贅沢だから、革を持つ満足感が格別です。あと個人的には、持つたびに感じる豊かな香りが最高ですね。昔から革の匂いが大好きなので、この鞄のたっぷりの匂いにいつも癒されています。


トーンオイルヌメ ソフトルーズショルダーを見に行く

スタッフ愛用品図鑑トップページへ >>


TOP