1. No.07 創作ダンス

革職人

コツコツつくって50余年の工房を、ウロウロとしてみます。
つくる職人、使う道具、できあがったものに近づいたり離れたりしながら、
工房の音や声、匂いを綴るコラムのような、ちょっとしたよもやま話です。

工房

2013/10/29

創作ダンス

イチニッサン、ニイニッサンーー。例えばスポーツ選手にとって、フォームが大切であるように、どんな仕事にも美しいと感じる特有の動きの形があります。職人と名の付く仕事はもちろん、世の中にある仕事のそれぞれに良い動き、姿があると思います。

職人が集中して作業しているとき、緊張感が伝わった指先の動きは流れるように美しく無駄がなく、創作ダンスのように独創的です。指の節々、腕の筋、革のしなりを時間を忘れじっと見つめていると、金物の芯を蝋引きの革で巻いた鞄のハンドルが仕上がりました。優雅で丈夫なハンドルの細部には、良いダンスの余韻がありました。


TOP