YOUR PORTRAIT/肖像 CHRISTNAS GIFT 2017 | TSUCHIYS KABAN

STORY

大切な人を思い浮かべながらギフトを選ぶ。
その瞬間から、クリスマスの準備が始まっています。
あなたが心に描く「あの人」はどんな人ですか。

NEWS

PICK UP ITEMS FOR CHRISTMAS

クリスマスの限定アイテムと今シーズンの新作をご紹介

Tone OILNUME SEPIA RED

暖炉の炎に映し出された
あたたかな光景。
落ち着いた色味の、限定カラー。

特集はこちら 商品ページはこちら

Tone OILNUME MELLOW NAVY

しんと静まりかえった
冬の夜を思い描いて。
凛とした表情を纏った、限定カラー。

特集はこちら 商品ページはこちら

GRACEFUL Handy Purce GRACEFUL Long Wallet

クリスマスの華やいだシーンをイメージした、
この季節だけの限定アイテム。

特集はこちら 商品ページはこちら

gift for christmas

あの人によく似合う、とっておきのギフト選び

あの人に何を贈ろう? 贈りたい相手を思い浮かべながら
「ギフト診断」をしてみませんか。

いろいろなポイントでギフトを選びたい方はこちらから

スタッフのおすすめ
価格帯で選ぶ
ランキング
FROM TSUCHIYA STAFF NAKAURA

使うほどぐんぐん味が出るので、
革が初めての方も楽しめますね。

この名刺入れはデザインも個性的で目を引きますが、何より素材がいいですね。特にエイジングに関しては、たっぷりオイルを含ませて仕立てた革なので、使うほどぐんぐん味が出ます。革を初めて使う方へのギフトにおすすめですね。 あと個人的には“鳴く”ところが好きです。この革を扱っているとギュッという音がして、よく締まったいい革だな、という実感がすごくあるんですよ。名刺入れのようによく手に取るものは、この“鳴き”が楽しいと思います。


FROM TSUCHIYA STAFF SEKIGUCHI

軽くてたくさん入って、合わせやすい。
使いやすさ抜群のショルダーです。

大人らしい本格的なレザーバッグなのに、革とは思えない軽やかさ。手にした瞬間、きっと「軽い!」って声に出してしまうと思いますよ。日帰り旅行に使えるくらい収納力があるのですが、バッグ自体が軽いので、荷物が多い日も気になりません。持ち物が多くなりがちな、小さなお子さんのいる女性におすすめですね。
ショルダーが長めなのでスタイルに合わせて自由に持ち歩けるのも嬉しいところ。革の柔らかさを強調するギャザーの入ったデザインは女性らしくて、心が弾みますね。


FROM TSUCHIYA STAFF AKAHORI

シンプルな形なので、男女でシェアして
味わいを深められる鞄です。

B4ファイル対応の大容量トートなので、荷物をザクザク入れられます。大きく開く口は出し入れがしやすく快適ですね。深いブラウンの色味は冬のシックなスタイルの差し色になりますよ。
また、使うほど革が馴染んで柔らかくなり、斜め掛けにした時フィット感が増してくるのも嬉しいところです。シンプルな形で性別を問わず使えるので、男女でシェアして味わいを深めていくのもおすすめ。新婚のご夫婦にお祝いで贈っても喜ばれるかもしれませんね。

CHRISTMAS WRAPPING

クリスマス期間だけの、特別ラッピング。
ヌメ革オーナメントを付けてお包みします。

ツリーに飾るのはもちろん、キーリングに通してチャームにしたり、リボンを通して栞にするのもおすすめ。ギフトを開けた後、思い思いのカタチで使えるヌメ革製のオーナメント。期間中、ラッピングをご希望の方全員におつけいたします。

詳しくはこちら

CHRISTMAS GIFT BOOK

クリスマスだけの特別なBOOKを無料でお届けしています。
ぜひお手元でゆっくりお楽しみください。

GIFT BOOK ご請求はこちら

SPECIAL TOPICS

クリスマスをもっと楽しむための、もの・人・こと。

  • 01
  • 01 職人からのクリスマスプレゼント

土屋鞄の職人が、
お店でクリスマスプレゼントを制作します。
何をつくるかは、お楽しみに。

詳しくはこちら
  • 02
  • GIFT EPISODE

大切な人への贈り物にまつわるインタビューをお届けします。
温かい飲み物と一緒にどうぞ。

詳しくはこちら
  • 03
  • 03 クリスマス支度を楽しもう

誰かのことを思い浮かべながら、
お家のなかでクリスマス支度をしませんか。

STORE

土屋鞄のお店へ行こう

店舗外観写真 店舗の情報はこちら

INFORMATION

最新情報、発信中

素敵なクリスマスになりますように。

このページの先頭へ戻る