1. Summer workshop.

BLOG

ものづくりのこと、製品のこと、
日々の記録とともにお届けします。

Summer workshop.

CATEGORY:  制作の舞台裏  作ってみました

太陽が照りつける、ある夏の土曜日。

「トントン」「ギュッ」。
夏らしいのれんが軒先で揺れる鎌倉店から、ものづくりの音が聞こえてきました。

行われていたのは、革のブックカバーを製作するワークショップ。
お好みの革と糸の色を選んで、自分だけのブックカバーをつくっていきます。

この日は、職人の玉川もワークショップに参加。
普段は、大人ランドセルなどの製造に携わる鞄職人です。

職人と同じ道具を使っての製作。
菱目打ちとトンカチを使って革に穴を開けていきます。
「なかなか開かない・・・」そんな声もちらほら。
今回使った革はしっかり厚みがある革なんです。

職人がちょっとしたコツをレクチャーします。

革の手縫いは、初めてだとちょっと難しいかも・・・
でも、みなさんとっても上手に針を進めていきます。

糸の処理は、ライターで。
やけどしないように気をつけながら。

作業時間、約2時間半。
じっくりたっぷり、ものづくりを味わっていただきました。
「楽しかった!」
「自分でやってみて初めて大変さが分かった」
いろんなお声をいただき、私たちスタッフもとても嬉しかったです。

革のワークショップはつくって終わりでないところが良いところ。
自分だけの味わいに、育ててくださいね。

革のブックカバーをつくるワークショップは、予約制です。
既に埋まってしまった回もありますが、まだ枠がある会場もあります。
皆さまのご参加、スタッフ一同心よりお待ちしております。

ワークショップの詳細とご予約はこちらから


BACK TO ALL POST