1. 着こなしに華を。春のライラック
着こなしに華を。春のライラック

― chiffon 春の限定色 ―

着こなしに華を。春のライラック



やわらかな質感と、革とは思えない軽さが魅力の「chiffon(シフォン)」シリーズに、この季節だけの限定色「ライラック」が登場しました。

華やかな限定色に合わせたい春のスタイルを、スタイリストの岡田早苗さんと店舗スタッフがご紹介。スタイリストならではの視点でライラックが映える装いのポイントも教えていただきます。

ファッション誌を中心に幅広く活動中のスタイリスト、岡田早苗さん。
長年にわたり、土屋鞄のスタイリングを担当していただいています。


About Lilac

限定色「ライラック」の印象について

「コーディネートの差し色として活躍しそうな鮮やかなカラ―ですね。シンプルなスタイルのアクセントにするのはもちろん、デニムやベージュ系との相性が良いので、カジュアルにも上品にも楽しめます」


Shop Staff Coordinate

店舗スタッフおすすめのコーディネート

今回、限定色ライラックのコーディネートを紹介するのは、身長151㎝と小柄なスタッフ渡部。

スタッフ渡部
「今日はシフォンシリーズのふわっとした感じを意識して、淡いピンクのシャツを合わせてみました。ライラックは鮮やかできれいな色なので、持つだけで気持ちがあがりますね」

スタイリスト岡田さん
「ライラックとグレーのグラデーションで、全体的に優しい感じでまとまっていますね。ライラックの色を生かした、春らしいコーディネートです。

首周りにポイントを持ってくることと、トップスを入れてコンパクトにすることで目線が上がり、小柄な渡部さんをバランス良く見せていますね」

スタイリスト岡田さん
「ピンクも可愛いですが、全体をすっきりと見せてくれる白もおすすめです。生地にハリ感や光沢のあるものを選ぶと、上品な雰囲気に仕上がりますよ」

スタイリスト岡田さん
「シフォンシリーズの軽やかなイメージに合わせて、スカーフで遊び心をプラスしてみましょう。ライラックと同系色の赤や水色のスカーフを選ぶと、シンプルな服装とライラックの色味をつないでくれます」

スタッフ渡部
「これくらい鮮やかな赤でも、ライラックと相性がいいんですね。普段、あまりスカーフなどの小物は使わないので、とても新鮮です」

スタイリスト岡田さん
「鮮やかな赤でも面積が小さいので、ライラックと合せてもポイントになってくれます。スカーフでウエストをマークすることで、着こなしにメリハリがつきバランス良く着こなせますよ」



Stylist Coordinate

スタイリスト岡田さんのコーディネート

続いて、スタイリスト岡田さんがセレクトしたコーディネート。
ライラックが映える、フェミニンとマニッシュ、2つのスタイルをご紹介します。



アースカラーで、植物を感じるコーディネート


「グレーとカーキの中間色ともいえるカラーのワンピースをシンプルに。こうした中間色のニュアンスのある色はライラックと相性が良いんです。たっぷりとしたドレープ感が、シフォンシリーズの柔らかな雰囲気にマッチし、ライラックの色合いを際立たせてくれます」

縦のラインを意識したマニッシュスタイル


「デニムのトレンチですっきりとした縦のラインを強調しています。素材でカジュアル感を出しつつも、ライラックを差し色にすることでエレガントな雰囲気に仕上がります。袖をめくり、手首をすこし見せることで、マニッシュな印象の中に女性らしさと軽やかさが出ますね。後ろ姿もスカーフで春らしくまとめました」

スタッフ渡部
「普段とは全然違うスタイルで、新たな自分を発見できました。袖口をまくったり、ちょっとした工夫で見せ方を変えられるのも新鮮です」

スタイリスト岡田さん
「シンプルな服装も素敵ですが、すこしのアレンジで季節感や色合わせをもっと楽しんでくださいね」

限定色を楽しむスタイリング特集

着こなしに華を。春のライラック

着こなしに華を。春のライラック

ポピーオレンジで鮮やか春スタイル

ポピーオレンジで鮮やか春スタイル

装いに溶ける、フレッシュグリーン

装いに溶ける、フレッシュグリーン


Limited Colors

シフォン、クラルテ。
今だけの限定色はこちらから。

革のバッグなのに、軽い。柔らかな質感となめらかな手触りが心地いいシフォンシリーズ。華やかなライラックをぜひ。
毎日にそっと季節を運んでくれる小物も充実した、クラルテシリーズ。この季節だけの限定アイテムをお見逃しなく。

春いろのアイテムを手に、
新しい毎日へ踏み出しませんか。



新作アイテムの情報や、新しい季節に向けて
おすすめのコンテンツを集めました。

TOP
Share